「自分とつながるWS」で伝えたかったこと

Pocket

乙女椿

先日、シヴァナンダ・ヨガ東京センターにて「自分とつながるワークショップ」を
開催させていただきました。

昨年11月にも同じタイトルのワークショップを開き、その際参加してくださった
センターのスタッフのフィードバックを元に、新にデザインし直して行いました。

今回の「自分とつながるWS」で特にお伝えしたかったことは、
本来の自分とつながるために、まずは自分の内側=心の動きに
気づいてみよう!ということ。

このテーマを思いついたのは、聖典「ヨーガ・スートラ」の有名な一節が
きっかけでした。

YOGAS CITTA VRTTI NIRODAH
ヨーガとは心の作用を止滅(静止)させることである。(Ⅰ章2節)

この一節を私なりに解釈してみると、「心はそもそも動き移ろう性質があり、
ヨーガはこれを静止させるために行う修行体系である」と読み取れます。

おそらく身体や呼吸に意識を向ける機会は比較的よくあると思います。
たとえば、身体のどこかに痛みがあったり、息が上がったりしたら、
嫌でも気づきますよね。

Yogaでもアーサナ(ポーズ)やプラーナーヤマ(呼吸法)をする時、
身体や呼吸に意識を向けます。これはごく自然に起こることです。
自分の意思で身体を動かし、保持し、吸ったり吐いたりするのですから。

これに比べて、自分の心がどう感じているか、もう少し細かく言ってみると、
感覚器官を通じた五感から入ってくるインプットをどう感じているか、
どんな感情や思考が生じているか、どんな記憶や印象を思い出しているか、
どんな反応をしているか、そういった心の動きを私たちはふだんから
どれくらい意識できているでしょうか?

私自身、以上にあげたようなことすべてを把握して覚えていることは
ありません。と言うより、不可能です。

今こうしてブログを書いているこの瞬間、聞こえている音、着ている服の
感触や部屋の温度、目に入ってくる物、漂っている匂い、口の中で
感じる味をすべて明確に意識しながら、同時に考えをまとめて
キーボードをタイプする、なんていうことが同時にできる達人ではない
からです。

だからと言って感じなくてよい、意識しなくてよいということではなく、
御しがたいものである感覚・感情・思考、つまり心を自分の意思で
制御することができてはじめて、それらから自由になることが
できるのではないかと考えています。

とは言え、私にとってもこれはまだ仮説なので、これからの
Sadhana(修行)を通じて経験を重ね、検証していきたいと
思っています。

今回のワークショップをデザインするにあたり、今書いたようなことを
どうお伝えしたらよいか、かなり考えました。私の勉強不足ゆえに、
うまく伝えられなかったことも多かったかと、反省しています。
個人的には学ぶものがとても多い貴重な経験となりました。

この場を借りて、ワークショップの機会を与えてくださった
シヴァナンダ・ヨガ東京センターに心から感謝いたします。

Leave a Comment