『ごほうびYoga & マインドフルネス』リトリート開催します!

Virabhadrasana II on Arunachara

ブログでは大変ご無沙汰しております。
Facebookページ (LYCKA TILL!)Instagram (@lycka.till) は随時更新しています。
フォローお願いいたします☆

さて、来月3/11-12に奥多摩・御岳山にて、
『ごほうびYoga & マインドフルネス〜ゆったりほっこり週末リトリート〜』
と題して週末リトリートを開催します。

私自身が一昨年から昨年半ばにかけて心身の不調で悩み、
どん底から回復したからこその思いをこめた企画です。

*なんだか気分転換したいなぁ〜
*ヨガとかマインドフルネス、実は興味ある
*自己流で瞑想してるけど、なんかいまいち
*自然や神社の聖なる気にふれてパワーチャージしたい

ひとつでも思い当たることがあれば、このリトリートはあなたのためのものです!

◎○◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎○◎
         ごほうびYoga & マインドフルネス
        〜ゆったりほっこり週末リトリート〜
           2017.3.11 – 12 @ 御岳山

◎○◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎○◎

都心から3時間弱でまるで別世界、そんな奥多摩エリア・御岳山で週末リトリートをおこないます。

このリトリートでは、慌ただしい日常から離れて、自分自身と『今ここ』にともにいる時間をつくります。

深い呼吸とゆるやかな動きのヨーガでからだをほぐして、まずはリラックス。
夕食は山菜や手づくりコンニャクなどベジタリアンの精進料理をいただきます。
夜は睡眠のヨーガ(ヨーガ・ニドラー)で瞑想的なひとときを。
翌朝は武蔵御嶽神社に参拝し、早春の御岳山を散策しワークを行います。

(スケジュール予定はコチラ

滞在先は紀元前から霊山として信仰を集めてきた武蔵御嶽神社の宿坊・御岳山荘です。
宿内に神殿もあり、古くから参拝客をもてなしてきた宿です。

山を降りるころにはリフレッシュした自分と出会えるかも!?
春の訪れにさきがけて、自分自身を見つめなおし、リセットする。
そんな時間を自分自身へのごほうびにしませんか。

以下、開催概要です。お申し込みはお早めに!!

【日程】 2017年3月11日(土)13:30~3月12日(日)12:00  全2日間(1泊2日)

【会場】 御岳山荘(東京都青梅市御岳山123)

【ファシリテーター】
 ★東 嗣了(あずま・ひであき)
 SYSTEMIC CHANGE Inc.
サステナビリティ・リーダーシップコンサルタント、組織変革コーチ

 ★桑原幸子(くわはら・さちこ)
LYCKA TILL! 
 ヨーガインストラクター、ライフコーチ

【参加資格】 どなたでも。
                  ヨーガの経験は問いません。初心者も大歓迎です。

【参加費】 ¥28,000
 ※参加費に含まれるもの:
 WS費用、1泊2日の宿泊費(夕・朝食含む)
  (振込手数料、会場までの往復交通費は各自ご負担願います)

【お申込みはコチラ】 ごほうびYoga & マインドフルネス 申込みフォーム
     
    ※参加費ご入金の確認がとれ次第、正式なお申し込みとさせていただきます。
      尚、振込先は上記フォームにて受付後、メールにてご連絡いたします

【定員】 8名(先着順)

ご参加をお待ちしております!!

「ディーパンの闘い」と「難民大移動」

映画『ディーパンの闘い』 を観に行ってきました。

タミル系スリランカ難民が主人公、しかも去年のカンヌ国際映画祭で賞をとった時から気になってたから、Yoga for R!言い出しっぺのわたしとしては観るしかないっしょってことで。

なんとも言えない後味が残る映画でした(タミル語とフランス語の映画だからわかりにくかった、ということもありますが)。2月28日夜放送のNHKスペシャル「難民大移動 危機と闘う日本人」と合わせて考えるとますます割りきれない思いがこみあげます。

難民について中途半端に知ってるもんだから、エンタメとして楽しむわけにいかなくて、ストーリー以外のことも気になってしまい、特に日本に逃れてきた難民と比べながら観てしまいました。

偽パスポートを使いまったくの他人どうしなのに妻と娘の3人家族としてフランスに逃れてきたディーパンはたいして調べられずに難民認定を受けられ、場末のアパートとは言え生活の場も仕事にもありつきました。働ければ収入もあるわけで、家の中にだんだんと家財道具が増えていきました。

そして、タミル系もガネーシャをお祀りしてるとか、フランスにいても食事はご飯とカレーでやっぱり手食とか、小学校にはちゃんと外国人クラスがあるんだなとか、そんなことも気になっちゃいました。フランスという国家の複雑さ、特に旧植民地出身の国民がいるからこその社会構造にもまた興味がそそられました。

まずは死なずに生きていられる、それだけでも幸せ。でも、一つ満たされると次を求めたくなるのも人間なんだな・・・とか色々と考えてしまいます。悶々・・・