私がシヴァナンダ・ヨガTTCに参加したわけ

Pocket

2012年3月から4月にかけて参加した
Sivananda Yoga Teachers’ Training Course
(以下、シヴァナンダ・ヨガTTC)について、
何回かシリーズで書いていきます。

1回目の今日はシヴァナンダ・ヨガTTCの目的について。

「ヨガのティーチャー・トレーニング・コースなんだから、
目的なんてヨガの先生養成に決まってるでしょ?」
と思ったあなた、それがちょっと違うんです。

最初のシヴァナンダ・ヨガTTCは今から43年前の1969年に、
インド人僧侶のスワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ
(以下、スワミジ)によってカナダ東部の
ヴァル・モリンで開催されました。

それより少し前のこと、バハマ・ナッソーにある
シヴァナンダ・アシュラム・ヨガ・リトリートで
スワミジが瞑想していた時に見た、あるヴィジョンが
すべての始まりでした。

それは、巨大な火の玉が落ちてきて、人々が恐怖のあまり
逃げ惑っている、というヴィジョンでした。

スワミジはこのヴィジョンについてすぐに理解は
できなかったものの、当時の世界は冷戦の最中であり、
核戦争が実際に起こる可能性にさらされていたこと、
また過去の経験からして、彼が見たヴィジョンは
何らかの啓示であり、やがて現実になる可能性が
あることを直感したのでした。

このことから、スワミジはT.W.O. (True World Order)を
立ち上げ、世界平和の促進と理解を進めることを
その目的としました。

さらに、スワミジは、未来のリーダーをYogaの規律に
そって育成する必要性を痛感しました。

それは、自己を律することができ、内なる平和に
目覚めた人こそ、真の人類愛や平和を実現できるからです。
個々人の心の内が平和でなければ、社会全体にも
平和が訪れることはないのです。

こうしたことを背景に、シヴァナンダ・ヨガTTCは
始められたのでした。

私のシヴァナンダ・ヨガTTCへの参加目的は
ごくシンプルなもので「Yogaの学びを深めること」、
でした。

昨年1月にヨギー・インスティテュート
ベーシック・トレーニング・コース(BTC)を
受講した後、Yogaの学びをもっと深めたいと
思うようになりました。

その方法を模索するなかで、意識にのぼったのが、
シヴァナンダ・ヨガでした。

BTCのテキストだった「ヨーガ本質と実践」は
シヴァナンダ・ヨガをベースとしたものでしたし、
BTC仲間の一人がタイで開催されたTTCに参加したと
聞いたことも一つのきっかけでした。

昨年9月頃からシヴァナンダ・ヨガ東京センター
行くようになり、インドで開催されるという、
日本語サポート付きTTCが視野に入ってきました。

1ヶ月もの間、仕事を休めるかどうか躊躇もして、
かなり考えましたが、最終的には「今、行くべきだ!」
という心の声に従って参加を決めたのでした。

インドでのTTCが始まってすぐ、メイン・レクチャーで、
スワミジの生涯と共にTTCの本来の目的を聞いた時、
腑に落ちた感覚がありました。

ここ数年、Socialな活動に関わるなかで、目指していた
究極の目的は「平和な世界をつくること」でした。

ここでいう「平和」には、おそらく様々な定義が存在します。

goo辞書による定義は、

1 戦争や紛争がなく、世の中がおだやかな状態にあること。また、そのさま。
2 心配やもめごとがなく、おだやかなこと。また、そのさま。

だそうです。

私が思う「平和」は、人が明日への希望をもって
生きることができ、自分自身にも日々の暮らしにも
満足している状態です。

私もそんな平和な状態に一歩ずつでもいいから
近づくための一助に微力ながらでもなりたいと願い、
活動してきました。

一昨年、がんばり過ぎてバーンアウト寸前になり、
Socialな活動への関わりを控えるようになって以来、
良心の呵責を感じ続けていました。

Yogaを学ぶこと伝えることも、平和を広げる方法
なのだととらえることで、ずっと抱えてきた心の重荷を
手放すことができたのです。Yogaを学ぶことを
自分で承認できた、とも言えますね。

今思い返すと、意図していなかったとはいえ、
このことだけでもTTCに参加した目的を
果たせたように思います。

2 thoughts on “私がシヴァナンダ・ヨガTTCに参加したわけ

Leave a Comment