ヴィパッサナーの10日間

Pocket

ヴィパッサナー瞑想パンフレット

ヴィパッサナー瞑想10日間コースの生活面についても、
覚え書きとして書いておきます。

●申し込み

私が参加したコースは2013年10月16日(水)~10月27日(日)、
千葉にあるダンマーディッチャ瞑想センターで開催されました。

申し込みは日本ヴィパッサナー協会(JVA)のWebサイトから、
京都・ダンマバーヌ、千葉・ダンマーディッチャそれぞれのページから、
2ヶ月前からオンラインで行います。2週間ほど前に、再確認のメールが
届き、それに返信することで参加の確定を行います。

●交通

10月16日は折りしも台風26号が関東に接近し、前日から暴風雨が
吹き荒れた日でした。千葉・ダンマーディッチャへの最寄り駅は
JR外房線の茂原または上総一ノ宮です。強風に弱い外房線のこと、
運転ダイヤは大幅に乱れていて、茂原駅にたどり着いたら、
利用するように指示されていたバスが運休していました。
バス停で出会った他の参加者の方々とタクシーに乗り合わせて、
ダンマーディッチャに到着した頃には日が暮れていました。

(茂原・都タクシーはダンマーディッチャと契約を結んでいて、
3,300円の定額で行ってもらえます。)

帰りは近くのバス停まで車で送ってもらい、そこからバスで
茂原駅に戻りました。タクシーを呼ぶことも可能です。

●初日(Day 0)の流れ

到着後、食堂で受付用紙に記入し、財布や携帯電話、その他コースには
不要な物品を預けます。簡単な食事(野菜カレーでした)が出された後、
食堂でオリエンテーションが行われました。その後、瞑想ホールで
最初のグループ瞑想と指導がありました。

10月16日開始のコースのでは、台風の影響による交通機関の乱れのため、
遅れて到着する人が多く、かなり遅くなってからの開始で、瞑想の指導が
終わり、就寝できたのは夜11時過ぎになってしまいました。

●聖なる沈黙

ヴィパッサナー瞑想10日間コースでは「聖なる沈黙」といって、
初日(Day 0)のオリエンテーションの後から10日目の朝まで、
参加者は沈黙を守ります。周りに他の参加者がいても、たった一人で
修行しているつもりで過ごします。話すのを許されるのは、
アシスタント・ティーチャーに質問する時、コースマネージャーに
相談事がある時だけに限られます。

この沈黙、私にとってはとても心地良かったです。
修行に集中することができますし、無理に自分を作ったり、
他人に合わせたりする必要がないのは正直言って楽でした。

●時間割

1日目からは以下の時間割に従って、粛々とコースは進められます。
ヴィパッサナー瞑想の指導のある4日目とメッター瞑想の指導のある
10日目は少し違う時間割になっていました。

午前 4:00 起床のベル

4:30 – 6:30 ホールまたは各自の部屋で瞑想

6:30 – 8:00 朝食と休憩

8:00 – 9:00 ホールでグループ瞑想
9:00 – 11:00 ホールまたは各自の部屋で瞑想

11:00 – 1:00 昼食と休憩
午後 12:00 – 12:30 指導者との面談

1:00 – 2:30 ホールまたは各自の部屋で瞑想
2:30 – 3:30 ホールでグループ瞑想
3:30 – 5:00 ホールまたは各自の部屋で瞑想

5:00 – 6:00 お茶と休憩

6:00 – 7:00 ホールでグループ瞑想
7:15 – 8:30 ゴエンカ師の講話
8:30 – 9:00 ホールでグループ瞑想
9:00 – 9:30 ホールで質問の時間

9:30 就寝/消灯

この時間割、Sivananda Yoga TTCと少し似ていて、割りとすぐに
順応することができました。違うのはひたすら瞑想に集中する点です。

夜の講話が終わった後、8:30-9:00の30分間に、瞑想の次のステップへの
具体的な手法が紹介され、翌日1日かけて練習する、といった流れで
進みます。

1日3回あるグループ瞑想の際にはゴエンカ氏によるパーリ語の
チャンティングと瞑想の指導の音声(英語と日本語)が流れます。
このグループ瞑想では1時間の間、できるだけ身動きせず、
するとしても最小限にして座ることを求められます。

「ホールまたは各自の部屋で」の瞑想は言ってみれば「自主練」。
トイレに立ったり水の飲みに行ったりすることが許されています。

1日目から4日目の午後までは「アーナパーナ瞑想」、4日目から9日目
まで「ヴィパッサナー瞑想」を練習し、10日目にそれらに加えて
「メッター」を教わります。

●休憩時間の過ごし方

朝食と昼食、お茶の時間の後の休憩時間中にシャワーや洗濯を
済ませます。女子用のトイレ・シャワー棟にはシャワーが3つ、
トイレが5つあり、空き状況を見計らって順番に使っていました。

洗濯は手洗いで行い、二層式の洗濯機の脱水機能で絞ることが
できました。物干しにはハンガーや小物干し、洗濯バサミが
たくさんあり、自由に使えました。

●食事とお茶

朝食と昼食はセルフ・サービス、早い者順に並んで取る形式でした。
肉魚の入らない菜食で、和風、中華風、カレー、パスタなど毎日違う
メニューが出されました。あとから聞いたところによると、
決まっているのは昼食のメニューだけなんだそうです。
朝食は前日の昼食の残り物や残りゴハンを工夫したお粥などが
出ることが多かったです。味はかなり薄味でした。

私はついSivananda Yoga TTCと比較してしまいますが、ネギが
多用される点、残り物が出される点が違うなーと感じました。

(Swami Sivananda師は修行者はサトヴィックな食べ物を取り、香辛料、
ネギ、ニンニクなどは食べないように指導されています。
また、アーユルヴェーダの観点からすると、残り物はタマスの要素があり、
避けるべきものとされています。)

飲み物は白湯、紅茶、ほうじ茶が用意されていました。インスタント
コーヒー、キビ砂糖、ハチミツ、すりおろしショウガも常備されて
いました。夕方のお茶の時間にはレモンが追加されます。

夕方のお茶の時間では、初参加の「新しい生徒」のみ果物を食べても
よいことになっています。バナナ、リンゴ、柿、キウィ、グレープフルーツ、
オレンジが出ていました。2回目以降の「古い生徒」はお茶だけで
過ごします。お茶に砂糖をたくさん入れている人がいて、空腹だったの
だろうなー、と思いました・・・。

●宿泊

宿泊棟はシングル・ベッドが2列にずらりと並んでいて、ベッドの間隔は
30cmもないくらいでした。

(注:私が参加した2013年以降、女子宿泊棟の新築が行なわれたそうです。)

通路に毛布が積んであり、自由に使えました。トイレ・シャワー棟には
プラスチックの湯たんぽが置いてあり、こちらも自由に使えました。

私は他の人のイビキが聞こえると寝れないタチなので、耳栓を使って
いました。あとから聞くと、寝言、歯ぎしりも激しかったらしいです。

夜中に大きめの地震が起きた時に、動揺したのか「聖なる沈黙」を
破って、私の隣りのベッドの女性が「地震、地震だよね。長いよね。」と
大声で叫び続けました。彼女が余りにも繰り返したせいか、一人だけ
「落ち着こうよ」と返事した人がいましたが、他の人はきっちり沈黙を
守っていたのが物すごくおかしかったです。沈黙が解かれてから、
本人に確かめたところ、覚えがなく寝言だったそうです。それにまた
ビックリ・・・。

●奉仕

コースの運営はアシスタント・ティーチャーはじめ、コースマネージャー、
キッチンのスタッフも全員、無償奉仕のスタッフで行われます。

一度でもコースに参加したことがある人は「古い生徒」になり、
奉仕をすることができます。10日間全部でなくても、部分的に奉仕する
ことも可能だそうです。

スタッフはグループ瞑想だけは参加が義務付けられていて、後は仕事を
しながら、ヴィパッサナーを実践するのだそうです。

●持ち物

恒例!?にて、持ち物リストをまとめました。私個人の経験に基づく
ものですので、ご自分で適宜、アレンジしてください。

ダウンロードはこちら>> ヴィパッサナー瞑想10日間コース持ち物リスト

ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門―豊かな人生の技法

Leave a Comment