先達に学ぶ

[`evernote` not found]
Pocket

Pink Roses

3日続けて3人のベテランYogaインストラクターさんのお話を
ごく間近でうかがう機会がありました。

1人目はヒカルさん。
シヴァーナンダ・ヨーガ正式指導者の大先輩です。

ヒカルさんからは、シヴァーナンダ・ヨーガ東京センターで
開催されたティーチャーズ・ミーティングでお話を伺いました。

ヒカルさん自身がどんな経緯でヨーガを人に伝え始めたのか、
仕事にしていったのか、ざっくばらんにお話してくださいました。

ヒカルさんが教え始めた2003年頃はいわゆるヨガ・ブームの前で、
過去の事件の余韻がまだ少し残っている時期だったそうです。
ヨガが決して怪しいものではないこと、宗教ではないことを
丁寧に忍耐強く伝えていったのだとか。

こういう先輩方のご苦労があったからこそ、
気軽に「ヨガやってます!」と言える今の状況が
あるのだなーとしみじみ思いました。

一昨年2011年の晩秋、翌年3月のSivananda Yoga TTCに
参加しようか迷っていた時、東京センターでヒカルさんと
偶然出会ってお話しする機会がありました。

その時、ヒカルさんに南インドのアシュラムに行くことを
強く勧めてもらったことがきっかけの一つとなり、
私はTTCに参加する決断をしました。

彼女は私にとって背中を押してくれた恩人だったのです。
今回ようやくその御礼を直接伝えることができました。

2人目はキミさん。
私が通っているスタジオ・ヨギーのエグゼクティブ・ディレクターで、
現在参加中のTeacher Training Courseのメインティーチャーです。
2011年に受講したBasic Training Course以来、お世話になっています。

今回のティーチャー・トレーニング・コースは参加者37名の大所帯。
数名ずつのチームに分かれて1時間のセミプライベート・クラスを
コース終了後の時間に受けることができます。

内容はチームで自由に決めてよいとのことで、私たちSivaチームは
質問大会にしました。アーサナやアラインメントのこと、
クラスの運営方法、体のメンテナンス法など、コース中には
なかなか聞けないことをたくさん教えていただきました。

ヨギーのTTCは体を動かすアーサナや呼吸だけでなく、精神性を
高められるようなインストラクションを重視していることが特徴です。

シークエンスを組んで、機能解剖学に基づいたインストラクションや
アジャストメントをするだけでも慣れないと大変なのに、さらに
気づきを得られるような言葉を添えていくには、インストラクターが
自分を磨き続けている必要があります。学び始めてみて、これが
そんなに簡単ではないことが分かってきました。

私もこれまでヨギーのクラスでインストラクターさんたちから
聞いたお話や言葉で救われたり癒されたりしてきました。
あのインストラクションは努力なしには出てこないんだ!と知って、
あらためて尊敬しています。

3人目はSita寺崎由美子さん。
SitaさんもSivananda Yogaの大先輩です。Yoga仲間から「Sitaさんの
ブログが勉強になるよー」と教えてもらったのが出会ったきっかけです。
去年からUpasana Sanga(Yoga & Vedanta勉強会)でお世話になっています。

Sitaさんは写真で見ると楚々とした美人。
実際に会っても色白細身。
ところが中身が豪快にして洒脱なお人柄なんですよね。
ここ3年ほどインドと日本を半年ずつ行ったり来たりされていて、
日本にいらっしゃる間に教えて頂いています。

Sitaさんには、Upasana Sangaの仲間と一緒に企画して
「ハタ・ヨーガ ティーチャーズ・クリニック」と題した
ワークショップをお願いしました。

参加資格を何らかのTTC修了かYogaを既に伝えている人に限り、
アーサナ、アジャストメントなど他ではちょっと聞けないような
実践的な内容をたっぷりしっかり教えていただきました。

こうして振り返ってみると3人の共通点は、
まず美しく強くしなやかであること、
向上心が強くYogaを真摯に学び実践し続けていること、
惜しみなく与えるという献身を身をもって示していること。

彼女たちをロールモデルに、私も精進を続けたいと願っています。

コメントする