教えることは学ぶこと

Pocket

5月からSivananda Yogaをシェアするクラスを始めています。

知り合い限定の『おうちYoga』を3回、
facebookのお友達限定の『ごほうびYoga』を2回、
開催させていただきました。

おかげさまで、参加者の皆さんから、
 ・心身ともにゆったりできました
 ・視界スッキリ、体も軽くなり、とっても楽しい時間でした
 ・翌日、体調も最高でした
 ・ゆっくりゆったりと休める時間と共にヨガができて、
  すっごく気持ちよかったです♪身体が喜んでる感じ☆
 ・ストレス解消になりました
 ・ぐっすり眠れました
など、ご好評をいただいています。

実は、TTCに行くまで、いや、行ってからもYogaを
教えようとは夢にも思っていませんでした。
TTCへの参加は自分の学びを深めることが第一目的で、
「教える」ということがすっかり抜け落ちていました。

そもそも「ティーチャー・トレーニング・コース」なんだから、
教え方を学ばないと意味がありません。今思っても
恥ずかしくなるくらいに自覚がありませんでした。

うろたえつつもティーチング実習を重ねているあいだに、
「周りの身近な人たちにシェアしたい!」という気持ちが
自然とわいてきました。

それは私の周りにいるお疲れ気味の働き女子たち、
仕事に家庭にソーシャルに大活躍のメンズたち、
そんな人たちです。

Yogaを定期的に練習し始めてからまだ5年目で、生徒としても
まだまだヒヨッコの私が、ほんとうの意味で「教える」ことは
とても無理だけれど、先生方に教えていただいたことや
知っていることをみんなに分かち合いたい!と思ったのです。

帰国後、コーアクティブ・リーダーシップ・プログラムの仲間に
報告がてらHelpを出してみたところ、仲間のひとりがすぐさま
協力を申し出てくれて、彼女の自宅での『おうちYoga』が
実現しました。

試験的に始めたfacebookの友達限定のクラス『ごほうびYoga』も
告知開始後すぐにお申込みを入れてくださる方続出で、
あっという間に満員になってしまいました。

ほんとうにありがたいことです!

5回、クラスを開いてみて、参加してくださった皆さんが
喜んでくださった顔を見たり、言葉をいただいたりして、
シェアを始めることにして良かったとしみじみ感じています。

インストラクションしてみて、うまくいったことも、
いかなかったこともありましたが、それらを通じて初めて
理解できたこと、腑に落ちたことが多々ありました。
「学びたければ教えなさい」とはよく耳にする言葉ですが、
ほんとうにその通りです。

そもそも、Sivananda Yoga TTCの創始者、
スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダは世界に平和を
もたらすために、Yoga教師を増やしたいと考え、
ティーチャー・トレーニングを創られました。

私も微力ながら、そのお手伝いをさせていただきたい、
そう思います。

サンスクリット語のマントラ(ご真言)に、
“Om Shantih Shantih Shantih”
(オーム・シャンティー・シャンティー・シャンティーヒー)
というものがあります。

Shantihとは「平和」や「平穏」の意味です。
しつこく!?3回もShantihという言葉を繰り返すのは、
まずは自分の平和を、次に身近な人の平和を、
そして世界の平和を祈るため、と聞いたことがあります。

本気で世界に平和や変革をもたらそうとするなら、
まず自分自身の心がおだやかで平和であり、
からだが健康でなければ、なしとげられることでは
ありません。

『おうちYoga』『ごほうびYoga』のクラスを通じて、
まずは小さな平和から、創るお手伝いができたら幸いです。

Leave a Comment