がんばることは、美しい

Pocket

熱戦が繰り広げられたロンドン・オリンピックも閉幕し、
静かな日常が戻ってきました。

ロンドン五輪の開会式でも、こんなシーンありましたね・・・Mr. ビーン版炎のランナー。

子どもの頃からずっと目指してきた選手、
雪辱を晴らすため、あるいは更なる飛躍を誓って
厳しい練習を積んできた選手、
それぞれの思いを胸に迎えた大きな舞台での
活躍ぶりは、見ているだけで心が震えました。

がんばるって本当に尊くて美しい!と、
彼らの姿から教えてもらいました。

ちょっと気になって、「がんばる」の意味について、
オンラインの辞書を調べてみると、こんなふうに
のっていました。

がん‐ば・る〔グワン‐〕【頑張る】
[動ラ五(四)]《「が(我)には(張)る」の音変化、また「眼張る」の意からとも。「頑張る」は当て字》
1 困難にめげないで我慢してやり抜く。「一致団結して―・る」
2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我(が)を張る。「―・って自説を譲らない」
3 ある場所を占めて動かないでいる。「入り口に警備員が―・っているので入れない」
goo辞書

頑張る
【意味】頑張るとは、困難に耐え、努力してやり通すこと。
語源由来辞典

こんな論文も見つけました。

「頑張る」における構造と変化 (PDFファイル)
川岸克己 (安田女子大学紀要 39, 11-19 2011)

こちらの論文で定義されている、「がんばる」の意味は2つあります。

a) 自分の持てる力を存分に発揮し、目標達成のために活動する。
b) 困難に対してじっと耐えて容易には諦めず、それを継続させる。

私が定義するとしたら、「がんばる」とは
『自分の能力を最大限に発揮して努力する』
になるかなぁ。

私の経験では、がんばったからこそ、達成感、満足感や
”やりきった感”を得られたし、そこに至るまでのプロセスを
十二分に味わうことができました。

そのプロセスは楽しいこと嬉しいことばかりでなく、
苦しいこと辛いこと悔しいことしんどいことに満ちても
いましたが、だからこそ結果の濃厚な味わいを
享受することができたのだろうと思います。

私自身、がんばり過ぎて、燃え尽きた経験もあります。
それでも、がんばったこと自体を後悔してはいないし、
むしろ誇りに思っています。

がんばることは、美しい。

選手たちの姿から、教えてもらった2012年の夏です。

Leave a Comment