響きあう街と音楽の日

[`evernote` not found]
Pocket

今日はすみだトリフォニーホールのオープン・デー、
「響きあう街と音楽の日」のプログラム、
“オーケストラ体感”コンサートに行ってきました!
「響きあう街と音楽の日」は、今、世界中を震撼させている
アメリカの金融危機の一端である、あのAIGが
地域貢献活動として開催している、音楽イベントです。
新日本フィルハーモニー交響楽団が本拠地を
置いている、すみだトリフォニーホールを丸一日、
公開して、クラシック音楽が身近になるようなイベントが
数多く用意されています。
私が行ったのは、その中でも、フルオーケストラの演奏を
無料で楽しめる、”オーケストラ体感”コンサート。
曲目は「威風堂々」「ハンガリー舞曲」「美しく青きドナウ」
「白鳥の湖」「新世界」など、超ポピュラーなものばかり。
余りにもポピュラーすぎて、かえって生演奏で聞くことが
少ないような気がする、そんな曲目ばかりでした。
お目当ては、「王子」ことコンサート・マスターの西江辰郎さん。
ソロ演奏のプログラム「20×9」にも応募したのですが、
あえなく落選。やっぱり人気あるんですねー。
代わりに、ヴァイオリンが良く見える、舞台に向かって
右側の座席に陣取って、しっかり見ました(笑)。
指揮者は梅田敏明さん。この方、「のだめオーケストラ」の
指導もされた方なんだそうです。
今月から、テレビアニメ「のだめカンタービレ」の放送が始まる、
ということで、トリフォニーホールで「のだめオーケストラ」が
サントラの収録をしたのだとか。実は「崖の上のポニョ」も、
トリフォニーホールで、新日本フィルが演奏してるんですよね。
実は大ホールで演奏を聴くのは初めてでしたが、
木の温もりがあり、響きが素晴らしいホールですね。
今度はちゃんとチケットを買って、新日本フィルの演奏を
聴きに行こうと思いました。
B001DNF70Q
のだめカンタービレ 巴里編
B0018QT94I
崖の上のポニョ サウンドトラック

コメントする