スピリチュアル・ネーム

Pocket

Saraswati
(http://en.wikipedia.org/wiki/Saraswati)

今週末10月7日(日)からタイでの日本語サポート付き、
Sivananda Yoga Teacher Training Courseが始まりますね。
参加される皆さんのご健闘を祈ります!

さて、明らかに日本人なのに日本人っぽくないカタカナや
ローマ字の名前を使っているYogaインストラクターを
見かけることがあるかと思います。もしかしたら、それは
スピリチュアル・ネームかもしれません。

シヴァナンダ・ヨガTTCでも希望すれば、サンスクリット語の
スピリチュアル・ネームを命名していただくことができます。

日本でも茶道や華道などでお師匠さんから名前をつけて
いただいたりしますよね。それと近いものがあると思います。

名前の用途は様々で、ニックネームとして普段から使う人も
いますし、アシュラムやYogaのコミュニティだけ使ったり、
ひっそりと自分だけのものにとどめておく人もいます。

私たちのTTC(2012年3~4月、Neyyar Dam)でも、かなり
多くの受講生がスピリチュアル・ネームを授けていただきました。

私たちの名付け親はチャンティングやBhagavad Gitaの
クラスを教えてくださった、スワヒリヤ先生。

with Ms. Swahilya

彼女はサンスクリット語の達人ともあり、数日かかって
全員の名前を考えてくださいました。ファーストネームの
最初の文字や音を取ってつけるパターンが多いようでした。
(たとえば、「あきこ」さんがAから始まる単語など)

かくいう私のスピリチュアル・ネームは、Saraswati
(サラスヴァティ、サラスワティ)です。なんと、女神様の
お名前です。学問、芸術や智恵の神様で、ブラフマー神の
配偶者です。日本にも伝わっていて、弁財天(弁才天)として
知られています。

幸子(さちこ)のSaから付けてくださったのでしょうが、
呼ばれた時はおそれ多くてビックリしました。他の人も
神様の名前をいただいた人がいましたが、元々の名前の
別名だったりすることも多く、そのものずばりの名前は
珍しかったようです。あとからTTC仲間たちに
「いい名前もらったねー!」と言ってもらいました。

女神様には名前負けするので、まだ公けにはこの名前は
使っていません。いずれ「名は体を表す」ことがちょっとは
できるようになり、胸をはって名乗れる日がくるまで、
いや来てからも精進を続けていこうと思います。

Leave a Comment