キング牧師@アトランタ空港【3月18日(木)1日目その2】

[`evernote` not found]
Pocket

成田発アトランタ行きのDL280便。
離陸はスムーズだったものの、
今度は機内でトラブル発生!

約12時間のフライトも半分以上を過ぎた頃、
私と同じ列の窓際の席に座っていた男性が、
突然、トイレの前でぶっ倒れたのです。

その時、私はアイマスクをかけて眠っていたのですが、
キャビン・アテンダントや野次馬が集まってきて、
騒ぎ始めて慌しい様子に初めて気づきました。

緊迫した会話を聞いていると、倒れた男性は
意識を失っているようでした。

早速、「ドクターはいらっしゃいませんか?」との
機内アナウンスが流れ、前の方の席にいた黒人女性が
医療従事者だったらしく処置をしてくれて、
男性も意識を取り戻しました。

そうこうするうちに着陸が近づき、
今度はキャビン・アテンダントが
通路側に座っていた私に、
「医療従事者の女性に倒れた男性のケアを
してもらいたいので、着陸するまで
席を替わってもらえませんか?」と頼んできました。

もちろん席を替わってあげて、
無事、飛行機は着陸。

倒れた男性は支えられながら機外に出て、
車椅子で運ばれていきました。

その後、入国審査、税関を経て、
ようやくターミナルEへ。

このターミナルEで見つけたのが、
マーティン・ルーサー・キング牧師を記念した展示でした。

マーティン・ルーサー・キング牧師の展示
アトランタ空港ターミナルEのキング牧師の展示

写真をはじめとして、キング牧師が着ていたスーツ、
ノーベル賞のメダルのレプリカなども
展示されていました。

アトランタはキング牧師の出身地なんですね。
今回はトランジットだけなので訪れることが出来ませんでしたが、
市内には生家やThe King Centerなどがあるようです。

展示のそばには、「Interfaith Chapel」なる施設も
ありました。

Interfaith Chapel
アトランタ空港ターミナルEのInterfaith Chapel内部

特定の宗教によらず、静かに祈りや瞑想することができる
サンクチュアリが用意されているとは、さすが~!

などと感心していると、先にアメリカ入りしていた
ヒデさんがサンフランシスコから到着、
ツアーメンバーと合流して、キト行きの便に
乗り込んだのでした。

コメントする