柳澤孝彦+王子江 二人展

Pocket

今日はSVP東京の親方会議と戦略ミーティングの後、
銀座のシンワアートミュージアムへ。
建築家の柳澤孝彦さんと水墨画家の王子江さんの
二人展のオープニングパーティにご招待いただき、
母と一緒に参加させていただきました。
私の記憶が確かであれば、2005年1月8日に放送された、
NHK ETV特集「大作100メートルに描くわが祖国 
~在日中国人水墨画家・王子江~
」をご覧になった、
柳澤さんが王さんに連絡を取ったのが、おふたりが
出会うきっかけだと聞いています。
(違ってたら、ごめんなさい!)
その後、友人として親しくなられて、王さんのアトリエ改装の
内装デザインを柳澤さんにお願いしたり、共通の知人が
経営されているTAIKO-LAB青山の内装も
ふたりの共作となっています。
新宿オペラシティや数々の美術館で有名な建築家の
柳澤さんは高校生の頃は画家を目指されていたのだとか。
その後、芸大の建築科に進まれて以来、絵は描いて
いらっしゃらないと言いつつも、なんともArtisticで、
まさに、柳澤さんが設計した建物にピッタリ合いそうな
モダンな抽象作品でした。
王さんの作品は風景などのスケッチや墨彩画が主で、
柳澤さんの黒または青のモノトーンの作品と対照的でした。
全く異なる才能の出合いを見せていただき、
アートな至福を味わったひと時となりました。
このご縁に感謝!

One thought on “柳澤孝彦+王子江 二人展

Leave a Comment