第4回ダイアログBar

[`evernote` not found]
Pocket

今日は第4回ダイアログBarに参加してきました。
主催者・西村さんによる開催報告:第4回ダイアログBar
ゲストは国際開発コンサルタントの福士恵理香さん。
JICAから専門家としてタンザニアに派遣され、
保健行政強化プロジェクトを手がけていらっしゃいます。
告知メールを読んだ時、
「キャパシティ・ディベロップメント」
「カタリスト(触媒者)」の文字が目にとまり、
今回の参加を決めました。
キャパシティ・ディベロップメント(Capacity Development)、
NPO支援の現場でも使われる言葉です。
私はSVP東京がアフィリエイトとして加盟している、
SVP InternationalSVP SeattleSVP Seattleのサイトに掲載されている
資料で初めて知りました。
国際協力の現場でのキャパシティ・ディベロップメントとは
どんなものか、それを知りたかったんですね。
実際に福士さんのお話を伺ってみて、感じたのは、
「カタリスト的支援」はコーアクティブ・コーチングと似ている!
ということ。
「カタリスト的支援」とは専門家が一方的に教える関わり方ではなく、
相手が持っている潜在能力や可能性を引き出す関わり方なんですね。
プロジェクトが終わったら、それでおしまい。
ではなく、当事者たちが自分達で持続的に続けていける
仕組みややる気を引き出すアプローチなのです。
福士さんのライフストーリーは約30分のみ、
と時間の制約のあるなかで、
このことが聞けて、収穫あった!と思いました。
その後のワールドカフェは、またまた面白かったです。
キーワードを書き連ねるだけでなく、
下手でも、絵を書いたり、記号や矢印を入れるだけで、
イマジネーションはどんどんふくらみ、
ダイアログもどんどん広がる。
そんな面白さを味わいました♪
福士さんが関わったプロジェクトの報告書をもらいそこねた・・・
と思っていたら、JICAのサイトで見つけました。

結構なボリュームですが、読んでみようと思います!

コメントする