読書再開。

[`evernote` not found]
Pocket

ご無沙汰しております!
1ヶ月ぶりのブログ更新となりました。

1ヶ月、何をしていたかというと、読書。
片づけもしてましたが)

いえ、今までも全く読んでいなかったわけではなく、
年初から5月までに約50冊ほど読んでいました。
なかなかいいペースではありながら、「何か」を得た
感触があまり無かったのです。

そのことを不思議に思い、今年に入ってからつけ始めた
読書録をながめてみたら、ほとんどがノンフィクション、
ビジネス書、実用書そして仏教書だったのです。

もちろん何らかの目的があってそれらの本を読み、
知識や洞察は得たはずなのですが、それだけでは
満たされない、こころの乾きを感じずにはいられない
自分が存在していました。

かつてかなりの物語・小説読みだったころの自分を
振り返ってみて、文学から心のみずみずしさや豊かさを
得ていたことに思い至りました。

このままではいかん、文学を読まねばー!と
一念発起。

でも、ここ十数年ほとんど小説を読んでこなかったので、
作家も作品も知らず何から読んだらいいか見当もつきません。

手当たり次第いくよりも誰かのお勧めを知るのが手っ取り早いと、
手にとったのが、「読まずに小説書けますか 作家になるための必読ガイド」。

読まずに小説書けますか 作家になるための必読ガイド (ダ・ヴィンチブックス)
岡野 宏文 豊崎 由美
4840134774

「必読ガイド」とまで言われていたら、どんな本が
紹介されているか気になる・・・ということで読んでみたら、
独断と偏見(偏愛?)に満ちたコメントが炸裂していて、
愉快痛快でした。

小説を読む上での着眼点にもふれていて、これまでは
ストーリーを追うだけだった小説の読み方が、
文体、語り手の人称、比ゆなどの表現にも目を向けつつ、
できるようになりそうです。

そして、この本に紹介されていた面白そうな本のリストを
作り、このリストを足がかりに読んでみようかと目論んでいます。

そして、次に読んだのが直木賞作家の桜庭一樹さんの
読書日記シリーズ。

桜庭一樹読書日記―少年になり、本を買うのだ。
桜庭 一樹
4488023959

書店はタイムマシーン―桜庭一樹読書日記
桜庭 一樹
4488024351

実は桜庭一樹さんのことは存じ上げなくて、「読まずに小説書けますか」に、
年間400冊読破する大の読書家である小説家として
鼎談に登場されているのを読み、初めて知りました。

読みっぷりを垣間見られる読書日記を読んでみたら、
いやー、すごいすごい。読んで書いて読んで書いての
サイクルが回っているんですね。

引き続き「読まずに・・・」の共著者、豊崎由美さんの「文学賞メッタ斬り!」も
読みました。これまた、こき下ろしまくっていて、抱腹絶倒。
通勤電車のなかで読んでいたらどうしても笑いをおさえられず、
まわりに不審な目で見られてしまいました・・・。

この本からも必読リストを作り、上記のリストに追加しました。

文学賞メッタ斬り!
大森 望 豊崎 由美
4891946822

そして、ようやく記念すべき?小説読み再開の第一冊目として
読んだのが、東野圭吾「秘密」。

秘密 (文春文庫)
東野 圭吾
4167110067

ドラマや映画の原作にも多数とりあげられている大人気作家
ですから、おそらくどれを読んでもはずれはないでしょうが、
ここはAmazon.co.jpのレビューを参考にして、この作品から
読んでみました。夫婦のこころの機微とせつなさが沁みました・・・。

そんなこんなで読むのにいそがしく、書くのをお休みしていた
1ヶ月でした。またぼちぼち書いてもいきますー。

“読書再開。” に1件のコメントがあります

  1. ピンバック: 過去と未来を片づける « Blog LYCKA TILL!

コメントする