「アリ地獄のような街」試写会

[`evernote` not found]
Pocket

今日は、ISLで開催された、映画「アリ地獄のような街」
特別試写会に参加しました。

農村に住んでいた少年がわずかなお金を握り締め、
大都会に出てきたものの、「都市の闇」にはまりこんでしまう・・・
バングラデシュはおろか、ろくにアジアの国に行ったことのない、
私にとっては、想像の範囲を超えた、衝撃的なストーリーでした。
この映画はバングラデシュで活動するNGOエクマットラ
制作したそうです。共同創設者であり現在は顧問の
渡辺大樹さんによるお話の後、現地でも親しくしているという、
マザーハウスの山口絵里子さんが登場。
2人によるトークはバングラデシュの遠さを、
日本に近づけてくれる熱のこもったものでした。
11月には横浜で劇場公開される他、自主上映会形式で、
広げていくのだとか。11月~12月は渡辺さんが
バングラデシュから帰国しての講演なども多数、
企画されるようです。
この映画を配給・宣伝するのは、NPO/NGOの募金サイトの
代表格、イーココロ!を運営している、
ユナイテッドピープル。代表取締役の関根健次さんが、
エクマットラの渡辺さんにほれ込んで引き受けたそうです。
先日、関根さんのプレゼンの聞く機会があったのですが、熱い!
その情熱を注ぎ込んで、この映画のメッセージを伝えようと、
尽力されています。
「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」 の3つの目的のうち、
「社会的公正」を体感し理解するにはうってつけの映画なので、
企画を考えてみようかなぁ。。。
まずは、色んな人に伝えるところから、私も協力しようと思います。

コメントする