エコビレッジって?

[`evernote` not found]
Pocket

記念すべき、再独立1日目。
今日はCTIジャパンリーダーの山田博さんが声掛け人の
「エコビレッジ勉強会」キックオフミーティングに
参加してきました。
エコビレッジについては、発祥の地の一つである、
Findhorn Foundationとの十年来のつながりから、
何となく知ってはいました。
Findhornに行った時、スコットランドならではのウィスキーの樽を
再利用した「バレル・ハウス」や植物の力を借りて生活排水を
再生する「リビング・マシン」など、エコビレッジを象徴する施設の
見学もしたことがありました。
(10年前、スウェーデン短期留学の帰りに、1週間のプログラム
“Experience Week”に参加したことがあるのです。その後、
フィンドホーン・フラワーエッセンスのプラクティショナー資格も
取り、勝手ながらFindhornには縁を感じています。)
そんな程度だったので、エコビレッジについてはしばらく記憶の彼方に
遠のいていたのですが、7月に開催されたCTIジャパン8周年の際、
この2~3年ほど、エコビレッジを学び、体験するためにFindhornに
滞在されていた榎本英剛さんの帰国講演で話を聞き、
もっと詳しく知りたい!と思っていたところに、
今日のキックオフミーティングのお誘いがやってきたのでした。
平日昼間にも関わらず、15人ほどが集まったのには、びっくり。
榎本さんからエコビレッジについてのレクチャーがあった後、
それぞれの立場からの思いや今後の方向性について、
話し合いました。
エコビレッジを語るときに使われる、4つの枠組みである
<環境><経済><社会><文化>を根底でつなぐ、
あるひとつの価値観・世界観が出現しそうな、
そんなミーティングでした。
自分の活動やプロジェクトにどうつながっていくかは
まだ分かりませんが、何かある、そんな予感が
しています。
11月から、榎本さんも講師を務める、JEPP主催の連続講座、
EDE エコビレッジ・デザイン・エデュケーション
始まるそうです。面白そう・・・!

コメントする